ドライブレコーダーの必要性

PR

当社では、自動車保険の事故が発生した場合、事故処理のアドバイスやフォローをしています。
しかし、当事者双方の事故状況や主張が異なることが少なくありません。

特に、信号や一時停止無視などについては紛争になることがあります。
弁護士費用特約があれば紛争の法的処理は可能になりますが、状況については立証する必要性があります。

私が事故処理で記憶に残っているのが、追突か非追突(バック)かの事故でした。

これらの状況を証明するにはドライブレコーダーなどの動画記録でないと証明できない事になります。

目撃者などの確保も良いのですが、目撃者の方に裁判の証人になってもらうなど大変ですから動画が立証する事がベターです。

また、ドライブレコーダーを装着していても、数時間そのまま電源が入っているとデーターが上書きされてしまうケースもありましたので、事故後は早めにコピーをとるか電源をオフにして記録データーが消えないようにしましょう。

各保険会社では、自動車保険の特約としてドライブレコーダー貸し出しするサービスをしていますので活用されるのも良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました