火災保険・契約、見直しのポイント

重ねるハザードマップなどの活用

ハザードマップポータルサイト(国土交通省)はお住まいの地域の洪水・土砂災害・高潮・津波のリスク情報、道路防災情報、土地の特徴・成り立ちなどを地図や写真に自由に重ねて表示することができます

保険料節約するためのアドバイス

  • 現在販売されている火災保険の多くは「補償内容」が細分化されているので必要な補償を選択する
  • 設計書(見積書チェック) 必要な補償の選択
    マンション高層階なのに「水災」補償を契約しているなど
  • 自己負担(免責)額の選択
    保険商品の多くには自己負担が選択できるのでそれを確認する
      例:自己負担なし・1万・3万・5万・10万・20万など
  • 保険料の支払方法を検討する(安い順 ①長期一括払い ➁長期年払い ③年払い ④月払い)
  • 保険期間を長期間にする
    1年契約で一時払(年払)・月払されている方は、保険期間5年の年払・月払の契約にする事で保険料を節約する事ができます。
    なお、保険期間10年間・長期一括払いする事により保険料節約ができる可能性があります
    (2022年10月1日以降は最長5年となります)

火災保険見直しの注意点

既に契約している場合には契約時期などの契約条件により保険料が高くなるケースもありますのでしっかりと確認することをお勧めします。

当社では無料でアドバイスさせて頂きますのでお気軽にご相談ください。

問い合わせフォーム

LINE公式

友だち追加

問合せフォーム

※このホームページの記事は、各保険の概要について紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合は加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました