ドライブレコーダーの必要性

日々事故対応する中で、当事者双方の事故状況が異なることは少なくありません。
そこで事故状況を証明できるのが「ドライブレコーダー」です。

各保険会社でも、自動車保険の特約で通報機能付きの「ドライブレコーダー」を提供しています。また、カーショップやインターネットのショッピングサイトでも販売されていますので、是非「ドライブレコーダー」を取り付けてはいかがでしょうか。

事例
①(青)信号で直進中、交差点で信号無視してきた車輌と衝突したが相手は信号が(青)と主張したが、当方の「ドライブレコーダー」の画像で相手方の信号無視が証明できた。
➁信号で停車していたところ、前方車両が後退し逆突されたが、相手は追突されたと主張してきたが「ドライブレコーダー」画像で証明できた。


「ドライブレコーダー」取り付けていても、事故時の大切な画像が上書きされてしまい画像が見られないケースがありますので、十分注意してください。

総合保険事務所(KKトータルマネジメントオフィス)
https://www.sougouhoken.co.jp
info@sougouhoken.co.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です